WEBライターと英語翻訳で月20万円稼ぐニート主婦K

目標は在宅ワークで年間100万円貯金すること。読書と将棋が好き。

次男が窃盗犯になった

父親の口癖

 

お前はお姉ちゃんなんだから!大きいんだから!

これが父親の口癖だった。

 

父親は昭和20年代生まれで、4人兄弟の長男。

きっと本人がそのまた親に言われて育ったのだろう。

 

 

日本は儒教の名残りが強い。

終身雇用制が終わって、今はとっくに能力主義の時代だけど、タテ型社会が根強く残っている。

 

わたしは常に長女のプレッシャーをかけられながら育った。

弟が寝坊すると親が優しく起こしているのに、どうして自分を起こしてくれなかったか尋ねると、お前はお姉ちゃんなんだから!大きいんだから!と怒鳴られる。

 

 

かなり理不尽だ。

わたしが弟と同じ年でも起こしてもらえなかった。

 

寝坊して、学校に遅刻して、それでもお前が悪いと言われておしまい。

次はもっと早起きしようねなど、励ましの言葉もない。

 

 

しばらく、子ども時代を封印して生きてきたけれど、この記事を読んんで非常に共感した。

著者は長女。

姉妹で比較をされながら育った鬱憤を綴っている。

 

blog.livedoor.jp

 

一郎次郎、三郎四郎と、兄弟で順番をつけるのは良くない。

上はプレッシャーに苦しむし、下は屈折するから。

 

徳川葵三代っていう大河ドラマでも同じ問題を扱っていた。

徳川家康が孫の家光と忠長を呼んで、おまんじゅうを食べさせるんだけど、2人同時に手を出したら激怒したのだ。

 

誰がお前に食べていいと言った!ってね。

すごい形相で怒り狂ってた。

家督を継ぐのは徳川家光なのだから、忠長は刀持ちでもやってろと言いたかった様子。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次男、次女の運命

 

徳川忠長は少しずつ心が屈折して、野鳥を何十羽も集めて叩き切ったり、奇声を上げたりしたそうな。

最終的には自刃。

兄弟争いで自殺に追い込まれたのだ。

 

徳川葵三代は江戸時代の話だけど、昭和に入っても、日本には似たような風習が続いた。

戦時中には次男坊に特攻隊員の招集が来たという。

長男は世継ぎだから、死んでは困るってこと。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次男が窃盗犯になった

 

わたしには弟が2人いる。

父親が他界後、1人目の弟が家をもらったのに対して、2人目の弟には何もなかった。

 

2人目は生まれたときから、長男の刀持ちだった。

名前を見ただけで次男と分かってしまう。

 

徳川秀永じゃないけど、わたしの弟も、少しずつ心が壊れていた。

弟に逮捕状が来て、身内がはじめて気づいた。

 

 

弟

 

 

事件は数か月前に発覚。

店の防犯カメラがしっかり弟を映していた。

複数の窃盗犯。

 

きっと、自分をおざなりに扱ってきた身内に復讐をしたかったのだろう。

もしくは注目を浴びたかったのかも知れない。

 

現在、2人目の弟は東京拘置所にいる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

 

1日1クリック応援クリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

トップに戻る