WEBライターと英語翻訳で月20万円稼ぐニート主婦K

目標は在宅ワークで年間100万円貯金すること。読書と将棋が好き。

同棲は女の価値を下げる

同棲する前のわたし

 

歯ブラシ

 

わたしは高校卒業後、家出で上京した。

19歳で風呂なし安アパート暮らし。

 

最初のうちは一人暮らしが新鮮で楽しかった。

どんなにボロくても、賃貸でも、自分だけの城はいいもの。

 

 

でも、だんだん孤独感が襲うようになってきた。

一番寂しったのは、一人暮らし1年目の大晦日。

高校までは実家で年越しそばを食べて、紅白歌合戦を見た後、ゆく年くる年を見る流れだったのに。

 

小さなテレビで、一人ぽつんと紅白を見てたら、あまりの寂しさで涙が出てきた。

わたしが大好きだったX JAPANのRusty Nailが流れているというのに。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

はじめての同棲

 

21歳のとき、2年暮らした安アパートを引き払って、彼氏と同棲することにした。

5歳年上の会社員。

テレフォンレディーをやって知り合った、東京で初の彼氏。

 

そんな場所で恋人を見つけなくても、一応、他で出会いのきっかけはあった。

バイト先の中華料理店。

何人かコックさんが声をかけてくれたのだ。

 

 

でも、どの人も低レベルに感じた。

休憩時間にタバコ吸って、飲み屋のお姉さんについて噂しているような人たちだったから。

口説かれても、本当ならわたしはこんな場所にいる人間じゃないの、花の女子大生になるはずだったの、などと、こころの中で泣いていた。

 

 

だったら、出会った場所がダイヤルQ2でも、ちゃんとした会社に勤めている男性と付き合った方が、まだいいかなって。

浜崎あゆみのA Song for XXがぴったりの心境。

 

わたしと彼の2人でを作りたかった。

 

 

リアルな同棲生活

 

同棲は甘くない。

もろに現実なのだ。

2人で使うトイレットペーパーを買ったり、生理用ナプキンの置き場を知られたり、節約のために赤札のついた食材選んだり。

 

朝起きたら、頭ぼさぼさですっぴんを見られる。

向こうのダサい姿も見る。

休日はTシャツ一枚にパンツ、ビール片手にプロ野球。

 

週末デートも質素になった。

ファミレスで予算以内の定食とか。

誕生日プレゼントも、クリスマスプレゼントも、お金の話がまとわりつく。

 

 

同棲生活の慣れの果て

 

2年同棲して、最後の方はただの便利な同居人みたいになった。

トイレットペーパー、ティッシュ、ごみ袋を買うのはわたしの仕事。

 

生活費は6:4で向こうがちょっとだけ多く払ってたけどね。

それっぽっちの為に、どうして家政婦やらされるのかなって。

だんだん鬱憤が溜まってきた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

女は40過ぎたら、女性から生き物に名前が変わる

 

ある日、同棲相手から酷い事を言われて、別れを決意した。

女は40歳を過ぎると、女性から生き物に変わると豪語されたのだ。

 

その時、わたしは23歳。

中年からまだまだ遠かったけど、この人と一緒にいたら、いつかそんな風に思われるんだなとショックで。

違和感をぬぐえなくなった。

 

結果、2人で借りたアパートを更新せず、同棲生活は終止符を打つ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

同棲は女の価値を下げる

 

この記事を読んで、わたしの同棲生活を思い出した。

 

www.k-4design.com

朝ご飯、お弁当、仕事、食品の買い物、夕ご飯、片付け、はあ、やっと自分の時間。こんなの、専業主婦がやることでしょう?

 

まさにその通り。

同棲すると、彼のお母さんをやらされるのだ。

 

しかも、同棲は女の価値を下げる。

ほすらぶで知ったんだけど、同棲するような女性は家柄が大したことないと思われてしまう。

確かに、皇室に嫁いだ雅子さまや紀子さまに、同棲経験があるとは思えない。

 

 

箱入り娘ならば、親が同棲に反対するはずだ。

男性はハンター。

 

入手困難な獲物をゲットしたくて必死になる。

かんたんに同棲した女性を大切にしない。

なので、同棲したいほど寂しかったり、相手を好きだったとしても、もったいつけなくちゃダメ。

 

 

同棲は婚約してからで十分。

暮らしてみて合わない場合、婚約を破棄すれば済む。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

 

1日1クリック応援クリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

トップに戻る