WEBライターと英語翻訳で月20万円稼ぐニート主婦K

目標は在宅ワークで年間100万円貯金すること。読書と将棋が好き。

バブル世代の旦那と就職氷河期世代のわたし

離婚届を用意してある

 

離婚届

 

わたしの部屋には離婚届があるよ。

約1年前に区役所で用紙をもらってきたの。

スタンバイOK(笑)

 

特に目立つ理由は無いのよ。

家庭内暴力、ギャンブル依存症、浮気。

その辺は大丈夫。

 

ただ、価値観の不一致がじわじわ来てる。

9才の年齢差が大きいわ。

スポンサーリンク

 

 

 

バブル世代の旦那と就職氷河期世代のわたし

 

価値観の不一致を引き起こしている原因は世代のズレ

10年ひと昔と言うくらいで、2人は同じ世代に属するはずなんだけど。

スポンサーリンク

 

途中に挟んだバブル経済が問題。

 

旦那はいつまでもバブルを引きずってるの。

でも、バブル絶頂期にこっちは田舎の中2。

好景気で美味しい体験なんかしてないのよ。

 

 

今の40代後半から50代前半はバブリーな雰囲気を残してる。

フェイスブックやツイッターをやっていてもさ、その世代だけ、シャンパンパーティーの画像を載せてたり。

本人たちも、とっくにバブルが弾けたことは知ってるはずなんだけど。

 

人間ってハタチの時が一生を左右するみたい。

子どもから大人への階段をのぼり始める頃ね。

 

20代前半でバブルを味わった人達は、年齢を重ねてもずっとそんな調子。

東京最高!日本ナンバーワン!お金最高!

他世代と比べて、異様にテンションが高い。

 

 

バブル

 

一方、わたしがハタチの時って、不況で就職率が低迷していたの。

テレビで山一証券の頭取が泣いてたわ。

大手銀行の合併で名前がころころ変わってた。

 

地元では拓殖銀行が倒産。

育った環境が悪かったし、経済的にも北海道はもうダメだと思い、東京に家出したんだ。

最初は文京区小石川のボロアパートを借りた。

 

風呂なし四畳半の神田川生活よ(苦笑)

苦労したけど、若いころ大変だったのは就職氷河期世代だけじゃない。

団塊世代もゆとり教育世代も同じ。

 

ハタチがピークだったのはバブル世代だけでしょ。

長い日本の歴史を振り返ってみても、彼らって数奇な人生を歩んでる。

 

『老人と海』で有名な作家ヘミングウェイが残した言葉。

 

   もしきみが幸運にも
 青年時代にパリに住んだとすれば
 きみが残りの人生をどこで過ごそうとも
 それはきみについてまわる


   アーネスト・ヘミングウェイ 移動祝祭日 

 

きっと旦那には一生、バブル期の快感がついてまわる。

そしてわたしには一生、就職氷河期の苦労がついてまわる。

スポンサーリンク

 

 

 

今の30代、40代は可哀相(苦笑)

 

ずっと前から用意してた離婚届に、いよいよボールペンで記入を始めたきっかけは、言葉の暴力だったの。

 

旦那は毎晩、狂ったようにワインやシャンパンを飲んでてね。

お酒と抗うつ剤の相乗効果(?)で、すっかり気が大きくなって、色んな暴言を吐くのよ。

 

僕は代表取締役になった!ビッグだ!すごい!とかね。

更には、ここに居たくないなら出て行ってもいいんだよ!とか。

 

 

翌朝になると決まって、昨夜のことは覚えてないで済ますの。

酔っぱらってる時に何度も注意したよ。

お酒の量を考えて飲んで、くだを巻くのは止めてと。

 

でもね、専業主婦のわたしは旦那にしがみつくしかないと思って、舐めてるわけよ。

しまいにはこう言われた。

今の30代、40代は不況しか知らずに可哀相(苦笑)

あまりにも苦労していて、可哀相だから結婚してやったんだって。

 

結局、バブル期最高!俺たち新人類は最高!他の世代は可哀相で時間が止まっちゃってるの。

わたし、もう一緒に居たくないよ。

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

 

1日1クリック応援クリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

トップに戻る