WEBライターと英語翻訳で月20万円稼ぐニート主婦K

目標は在宅ワークで年間100万円貯金すること。読書と将棋が好き。

アラフォーが20代中心の店でナンバーワンになる7つの方法

OL専門店の客層

 

ナンバーワン

 

あっち側の世界にいた期間、色んな変人に出会ったよ。

普通に暮らしていたら、まず、お目にかかることも無かったような人たち。

千と千尋の神隠しで描かれている通り。

スポンサーリンク

 

 

指名客なら、東大理Ⅲ卒 午前3時にみなぎるレッドブル教授で紹介した医学部教授とか。

他にも、本郷在住の東大教授、脳外科医、政治家、お笑い芸人。

各界の著名人がたくさんいた。

 

 

深夜の漫画喫茶は事実上、あっち側の待機場っていう記事で、店のナンバーワンだったと書いたら、褒めてくれた人がいたの。

きっと凄い美人なんでしょうねって。

でもね、全然そんな事ないの(照)

 

OL専門店だもの、若くて綺麗なキャストは他にたくさんいたはず。

わたしが30代後半のBBAになって、店のナンバーワンになれたのは、英語ペラペラの帰国子女っていうセールスポイントがウケたからだと思う。

お客さんは大学教授や医者が多かったよ。

 

それと、地味な作業の繰り返しが功を奏したんじゃないかな。

スポンサーリンク

 

 

ナンバーワンになる方法

 

ナンバーワンだったのは37~38才の2年間

20代前半のキャストが多数在籍する中、どうやって首位をキープしたのか、当時を振り返ってみることにしたよ。

 

 

他には負けないセールスポイントを作る

 

わたしは英語と海外留学の話題が武器になった。

他のキャストにはまた違う武器があるのだと思う。

とびきり美人、笑顔が最高、話題が絶えない、とことん飲む、何時間でも一緒にいたい癒し系。

スポンサーリンク

 

 

提出したシフト通りに出勤

 

当たり前のようで難しいこと。

気分次第で当日欠勤するキャストがざらにいるのよ。

うつ病や双極性障害で昼職ができないから、あっち側に流れ着いたとかね。

 

でも、約束した日に出勤しないと、店からもお客さんからも信用を失っちゃう。

店によっては当日欠勤にペナルティを課すところも。

 

シフトを入れすぎない

 

ほぼ1週間、働きっぱなしのキャストは鬼出勤と呼ばれ、同僚から嫌われるんだ。

お客さんも希少価値を感じなくなてしまう。

わたしは週2回シフトを入れていたよ。

 

残りは指名が入ったときだけ動く。

そしてお店から、本当は出勤日じゃないけど、○○さんのために出ることにしたそうですと伝えてもらうの。

週5~6回鬼出勤するよりも、苦労なく指名が返ってくるんだ。

 

 自論だけど、頑張っているのに指名が入らない人は、1つの店で週5~6日鬼出勤するより、2つの店をかけ持ちした方が希少価値を維持できる。

どこの店でもナンバーワンになれるタイプもいれば、店との相性がぴったり合って、ナンバーワンになるタイプもいるからね。

 

 

ニオイに気をつける

 

口臭対策も当たり前だけど出来ない人が多い。

特に喫煙者。

タバコを吸わないお客さんはすぐ気づくのよ。

 

ネギ、ニラ、ニンニクもNG。

困っちゃうのは指名が続く場合ね。

1人目と赤ワイン片手に鉄板焼を食べて、2人目とルームサービス頼んででまったりとか。

 

鉄板焼ってフライドガーリックや、にんにく醤油のたれが出てくるでしょ。

アルコールもニオイの原因になるし。

そういう時はしょうがないから、接客前に歯磨きをして、緑色をしたブレスケアの粒を飲んで対策かな。

 

 

スタッフやキャストと上手くやる

 

どれだけ素質があっても、人間関係を上手くやれないキャストは売れないね。

電話の受付係、ドライバー、雑誌やホームページの広報係。

色んなスタッフがいて店が成り立ってるじゃない?

 

ヘルタースケルターの主人公りりこはダメ~、ダメダメよ。

マネージャーにふんぞり返り、後輩をいびってるでしょ。

芸能界は大御所になるほど腰が低いって言うけど、あっち側も、プライドだけ高くならないよう気をつけなくちゃね。

 

 

 会話を続かせる努力

 

何度も指名してくれるお客さんを飽きさせないためには、相手の好きな話題に興味を持つこと。

クラシック鑑賞が趣味の相手なら、どんな曲が好きか尋ねて、帰宅後に同じ曲を聴く。

次回の接客中、ちょっとでも口ずさむと喜んでもらえる。

 

ワインの銘柄、ジャズ、サッカー、F1レース、ゴルフなどの知識も役立つよ。

あとは、お客さんの出身大学の校歌、応援歌、スクールカラーなどを知っていると可愛がってもらえる。

あっち側の世界だけじゃなく、昼職の営業マンも同じだよね。

 

 例えば、早稲田大学のスクールカラーはえんじ色。

相手が早稲田出身と分かったら、さりげなくえんじ色を褒める。

ライバルの慶応大学はスクールカラーが淡青なので、間違っても、えんじ色をけなして青色を褒めてはいけないよ。

 

本当は青が好きなんだけど…って人もいると思う。

でもね、ほとんどのお客さんはあなたの本音を聞きたいんじゃなくて、気分を良くして欲しいだけなのよね。

仕事中はカメレオンみたく七色の返答も必要よ。

 

それから、どうしてこの仕事をしているの?と質問されて、苦労話をしないことも大事。

相手がげんなりしちゃう。

辛くても、好きでやってることにしないと。

 

 

昔ばなしと流行りの話題を交互にする

 

お客さんは社会的に責任ある立場の人がほとんど。

プレッシャーやストレスで疲れてる。

若者ことばで流行りの話題ばかりに触れていると、相手がげっそりしちゃうのね。

 

今じゃなく、向こうが若くて楽しかった時、どんなだったかを想像して話題に取り入れると喜ばれるよ。

そうかと言って、昔ばなしオンリーだと古臭くなっちゃうじゃない?

ポイントは天気や時事ネタから会話を始めて、こころを開いてくれたら、少しずつ昔ばなしをして、最終的に相手が本当に話したいことを聞き出して理解する。

 

インテリなのに実はももいろクローバーZのファンだったとか、痴呆にかかった親の介護が大変だとか、浦和レッズの大ファンなのに奥さんがサッカー観戦について来てくれないとか。

 

人って必ず裏話があるものだよ。

 

まとめ

 

✔他には負けないセールスポイントを作る

✔提出したシフト通りに出勤

✔シフトを入れすぎない

✔ニオイに気をつける

✔スタッフやキャストと上手くやる

✔会話を続かせる努力をする

✔昔ばなしと流行りの話題を交互にする

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

 

1日1クリック応援クリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

トップに戻る