WEBライターと英語翻訳で月20万円稼ぐニート主婦K

目標は在宅ワークで年間100万円貯金すること。読書と将棋が好き。

本音を抑圧すると最後にはこころが壊れる

悲しみの色に染まる日本人

 

電通OL 高橋まつりさんが自殺するまでの経緯を分析した記事が避難されたよ。

そうなるんじゃないかと予想いていたけど、案の定、思った通りの文句を書かれていたの。

すごく日本らしい話じゃない?

スポンサーリンク

 

 

どこの国にも会話のやりとりにが存在する。

日本の場合、誰かが亡くなった時、悲しみをアピールしないと忌み嫌われるね。

死因を分析してはいけない。

 

うちの婆ちゃんも、死んだら人はみんな仏さまになる、だから死んだ人のことをどうこう言ってはいけないって繰り返してた。

市川海老蔵が主演した出口のない海っていう映画にもそんなシーンが出てきたよ。

若者が人間魚雷「回天」に乗って、次々と敵船に体当たりをするの。

 

ブチッと無線が切れた時点で、ああ、もう死んだなと判断していた様子。

軍艦内の神棚に、軍神○○と名前を書いた札を捧げておわり。

個人の命よりお国が大切なんだなと痛感した。

スポンサーリンク

 

 

 

小保方晴子のSTAP細胞事件を振り返る

 

2年前のSTAP細胞騒動で、小保方晴子の上司だった笹井さんが自殺した事件があったじゃない?

あの時、何も死ななくたってとコメントしたブロガーが、ものすごい非難を浴びていたよ。

死んだ人のことを悪く言うなんて最低だ!お前の親はどんな教育をしてるんだ!ってね。

 

本人としては、関係者の後追い自殺が起きないか心配だったみたい。

その辺のニュアンスが伝わらなくてさ。

高橋まつりさんの一件でも、言いたいことはあるんだろうけど、自殺の話に一切触れなくなった。

スポンサーリンク

 

 

 

一色に染まると戦争が起きる

 

手塚治虫のアドルフへ告ぐっていう漫画でも、似たようなエピソードが描かれていたよ。

第二次世界大戦中、日本は戦争一色に染まって、反対派を弾圧してたみたい。

 

 

アドルフに告ぐ

 

 

刑事が女教師に共産主義者の容疑をかけて、ボコボコに殴るのよ。

いわゆる赤狩りね。

一致団結って、ややもすれば村八分、悪くすると戦争の原因になる。

 

わたしは和を大切にする日本人が好き。

でも、型破りな意見を言う人に、大勢で石を投げつけるようなやり方はどうなのかな。

 

 

抑圧はこころが壊れる原因

 

言いたいことを我慢すると、だんだん抑圧に変わって危険。

従順な人ほどキレたら怖いって言うじゃない?

怒りや憎しみの風船がふくらんで、いつかはパーンと弾けちゃう。

 

わたしも抑圧の経験があるよ。

小さい頃から、お前はお姉ちゃんなんだから!大きいんだから!と理不尽に怒鳴られて、言いたいことも言えずに育ったの。

表面的にはいい子だったけど、風船が弾けて、あっち側の世界に走ったのだと自己分析してる。

 

それから、抑圧は頭痛や肩こりの原因になるんだって。

日本ほどマッサージ店だらけの国も珍しいからね。

職場で自分の意見も言えず、ひたすら我慢している会社員が、きっと無数にいるのでしょう。

 

こころが壊れる前に、ブログで本音を書くのは良いこと。

誹謗中傷じゃなくてさ。

世の中が良い方向へ行くことを願って、それぞれが自分の意見を書くなら、きっと今まで思いつかなかったような問題解決策を見出せるよ。

 

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

 

1日1クリック応援クリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

トップに戻る