WEBライターと英語翻訳で月20万円稼ぐニート主婦K

目標は在宅ワークで年間100万円貯金すること。読書と将棋が好き。

落ち込んだりもしたけれど、WEBライターになって記事の質が3割増した

WEBライターは荒波に揉まれて保有ブログの記事クオリティも上がる

 

アクセスアップ

 

2016年8月28日、ハニワの日にブログを開始して約3ヵ月経過。

めでたく100記事を突破したよ。

ブログを書いていて進歩した点がいくつかあるので紹介するね。

 

ほとんどはブログ開始から2ヵ月後に始めた、WEBライターのクライアントがくれたアドバイスなんだ。

キュレーションサイト(情報を集めたサイト)の運営者は、雑誌を超えるクオリティの記事を維持したくて必死なの。

WEBライターって、何度も校正をされるのはツラいけれど、文章能力がアップすることは確か。

 

ライターをやってない人も、アクセスアップのコツを取り入れてみてね。

スポンサーリンク

 

 

 

ブログタイトルは32文字以内!ターゲットや数字を取り入れる

 

アクセス

 

アクセス爆発!はてブ年間TOP100から学ぶバズるブログタイトルのつけ方っていう記事に書いてあったんだけど、はてブTOP100タイトルの平均文字数は31なんだって。

 

グーグルで検索した時、一行で収まるタイトルの文字数は32なんだ。

それ以上になると、「…」で省略されちゃう。

バズる記事を書く人は、32文字ギリギリのタイトルを考えて、たくさんの情報を織り交ぜてる。

スポンサーリンク

 

 

タイトルに入れるとアクセスがアップする文字

 

.数字

 

数字を入れるだけでグッと説得力が増す。

例:最終回で視聴率30%を超えた名ドラマ『東京ラブストーリー』の続編

  幸せをつかむ7つの法則

 

 

2.ターゲット

 

どんな人に読んでもらいたいかをアピール。

例:WEBライター必見!ランサーズで悪質なクライアントの見分け方←わたしの記事(笑)1日で23ブックマークをしてもらった。

 

 

3.感情表現

 

感情表現が上手な人なら、読者の脳内にアドレナリンを出して、興味を引くことが出来る。

例:これはすごい!学校では教えてくれない「暗算の法則」←月に50万円稼ぐプロブロガー、イケダハヤトがつけた記事タイトル

 

 

4.キーワード

 

SEO的にはキーワードが一番大事。

検索エンジンで上位にヒットさせる為には、タイトルと見出しにキーワードを混ぜて、本文中にも違和感が出ない程度に取り入れなくちゃいけない。

例:「在宅ワークで稼げる仕事紹介」「在宅ワークで稼ぐ方法」

 

グーグルアドセンスは、検索されるキーワードによって、クリック単価が全然違うの。

「稼げる」なら176円で、「稼ぐ」なら245円。

同じ単語でも、語形の変化で値段が変わる。

 

グーグルアドワーズのキーワードプランナーを使うと分かるよ。

なるべくならクリック単価が高いキーワードで検索された方が良いよね。

 

 

タイトル作成に便利なツール「ホッテントリメーカー」

 

ホッテントリメーカー

 

ホッテントリメーカーは、はてなブログでたくさんブックマークしてもらえるタイトルを自動的に作成できる便利なツール。

 

「ブログ アクセスアップ 方法」と入力したら、こんな結果が出てきたよ。

 

ホッテントリメーカー

 

え、「ブログ アクセスアップ 方法についての三つの立場」っていうタイトルにしたら、118もブックマークしてもらえるの!?

少なくとも、タイトルの参考になるとは思う。

日本一有名なニートphaが開発した横着ツールみたいよ。

 

これさ、phaのブログで見つけたわけじゃなく、WEBライターのクライアントが勧めてくれたの。

イッツアスモールワールド。

 

個人的には上から3番目の「落ち込んだりもしたけれど…」が好きだな。

ジブリのアニメ『魔女の宅急便』でヒロインのキキが両親に書いた手紙に出てくるフレーズなの。

ちょっとアレンジして、今回の記事タイトルは、「落ち込んだりもしたけれど、WEBライターになって記事の質が3割増した」にしようかな。

 

もしこれで全然ブックマークされなかったら、phaが体調不良の時に差し入れたお粥を返してもらう(笑)

スポンサーリンク

 

 

 

ブログのアクセスアップには画像が大事

 

f:id:emikanzaki861:20161119220841j:plain

 

これはWEBライター案件で、化粧品のレビュー記事を書いた時に撮影した練習画像。

商品画像だけじゃなく、使っている雰囲気を伝えることが大事なんだって。

 

どれだけ深いコンテンツの文章を書いても、画像がなければ、読者の目が疲れちゃう。

わたしはブログ開始から2ヵ月目に、 クラウドソーシング「ランサーズ」 で WEBライターの登録をしたの。

優しいクライアントもいれば、厳しいクライアントもいるけど、どちらも共通して画像の重要性を唱えているんだ。

 

毎回、見出しのすぐ下に画像を入れると理想的。

イラストよりは画像の方がアクセスアップにつながるよ。

(イラストレーターの作品公開など特別な場合を除く)

 

 

改行と文章のメリハリでアクセスアップ

 

どれだけ記事の内容が良くても、改行もせずに長々書いている文章は読みにくい。

WEBライターのクライアントには2~3行ごとの改行を要求されるよ。

 

それから、文章のメリハリも大事ね。

イケダハヤトは太字を使ったメリハリを推奨してたな。

わたしも同感。

小中学生の頃から教科書で太字を見慣れてるもの。

 

人によっては、重要な箇所の色を変えたり大きさを変えたりハイライトをしてる。

 

 

まとめ

 

ブログのクオリティを3割増する方法

 

✔ タイトル32文字以内に多くの情報を取り入れる

✔ 画像を使う

✔ 改行とメリハリで読みやすさアップ

 

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

 

1日1クリック応援クリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

トップに戻る