WEBライターと英語翻訳で月20万円稼ぐニート主婦K

目標は在宅ワークで年間100万円貯金すること。読書と将棋が好き。

手取り14万5千円でも10年かければ1000万円貯金できる

低所得者でも節約をすれば1000万円貯金できる

 

f:id:emikanzaki861:20161127020639j:plain

 

はてなブログの人気記事で、低所得でも貯金が1000万円を超えてしまう生活習慣 - 散るろぐが紹介されてたの。

タイトルが気になって読んだら、給与明細の画像を公開していて、すごく説得力があったよ。

速攻で読者登録しちゃったよ(笑)

スポンサーリンク

 

 

 

手取り14万5千年でもコツコツ続ければ1000万円の貯金になる

 

通帳

 

 

散るろぐさんの正直で気取らない文章が良かった。

 

「貯金が1000万円」と聞くと、給料がよっぽど良いんじゃないかと勘違いされそうですが、そうじゃありません。

 ざんねんながら、僕の給料が、手取りで20万円を超えたことは1度もありません。ちなみに先月は14万5千円でした…。

 

月収は多少アップダウンするみたいなんだけど、だいたい平均して15万円。

そのうち家賃が3万~3万5千円。

 

まず、もっとも大きな出費になる「家賃」ですが、実家暮らしで、月々3万円を上納して寝床を確保していました。その後、ひとり暮らしでは、家賃3万5千円の物件に住んでいます。

 

 

10年で1000万円貯金したってことは…

1000万円÷10年=1年で100万円の貯金だよね。

100万円÷12か月=約8万3千円じゃない?

 

月収15万円-(家賃3万円+貯金額8万3千円)=残り3万7千円。

そこから食費と通信費を引いたら終わり。

洋服代、床屋代、交際費、雑費(ごみ袋やトイレットペーパーだってタダじゃない)はどうやって捻出したのだろう。

あ、正社員ならボーナスも出るから大丈夫か。

スポンサーリンク

 

 

 

散るろぐさんは彼女ありでケチじゃない

 

f:id:emikanzaki861:20161127022630j:plain

 

散るろぐさんって、節約しながらちゃんと彼女もいるのよ。

しかも守銭奴じゃない。

 

郵便局の通帳は、彼女に預けています。もしも僕が失踪したら使ってね、と言付けています。

 

大切な彼女のことを考えてるね。

うちの旦那なんて、年収1000万円台だけど貯金は数百万円しかないよ。

バブル期のオヤジだからさ、30代から見栄張って、港区のマンションで暮らしてたんだって。

 

稼いでも稼いでも、ドンペリだの高給レストランだの、形も残らないバカ騒ぎにじゃんじゃんお金を使って、高い家賃払って、転落人生歩む人間だらけの世代だからね。

一時期大金持ちで、その後自己破産したとか、遊園地のフリーフォールみたいな話が多すぎるんだよ。

イソップ童話『アリとキリギリス』に登場するキリギリスを連想してしまう。

スポンサーリンク

 

 

 

年間の貯金額が扶養控除で稼げる額とほぼ同じ

 

f:id:emikanzaki861:20161127024042j:plain

 

話は散るろぐさんに戻るけど、1年間に100万円ずつ貯金したってことは、103万円の壁を意識する主婦でも、扶養控除を受けながら達成できる額なのよ。

今、わたしは42才だから、10年頑張れば1000万円貯まる計算だよね。

ちょっとやる気が湧いてきた。

 

 5年後のわたしを実現するための目標って記事に書いたみたく、将来的には週末田舎暮らしをしたいと思ってるの。

今は急性膵炎が持病のシニア犬を世話してるから、あまり遠くへ行けないんだけどさ、ひょっとして渡世人WEBライターやりながら、寅さんみたく温泉旅行で日本一周もありなのかなってワクワクしてる。

 

読者交流してるタケナカアユムさんが、富山のご当地グルメを紹介してたのね。

記事で白エビを紹介してたんだけど知ってる?

 

富山湾の深海にしか生息していない、幻のエビです。すぐに鮮度が落ちてしまうため、新鮮な白エビが食べられるのは富山県だけだと言われています。旬は4月から11月頃です。

 

築地市場の近くに住んでれば、どんな魚介類でも食べれるわけじゃないんだな。

白エビ食べてみたい。

 

47都道府県のうち、四国と九州は未踏の地だからねー。

まだまだ自分の国についてすら知らないんだ。

全国の温泉に入って、各地の名産物を食べてみたい。

 

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

 

1日1クリック応援クリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

トップに戻る