WEBライターと英語翻訳で月20万円稼ぐニート主婦K

目標は在宅ワークで年間100万円貯金すること。読書と将棋が好き。

離婚歴のあるWEBライターが浮気と不倫をテーマにした記事作成に挑戦

WEBライター案件で不倫の記事作成に挑戦中

 

f:id:emikanzaki861:20170528210146j:plain

 

目次

スポンサーリンク

 

 

 

WEBライターの仕事に励んでる。

今月は「再婚に関する記事」のトライアルに合格した。

文字単価1円だよ。

 

当初は1記事2000文字だったけど、クライアントが気に入ってくれて、3000文字に増やしてくれたの。

毎日欠かさず書くと、ひと月で9万円貰える。

扶養控除の範囲内で稼ぐなら、この案件だけで十分かも。

 

離婚・再婚の記事なら任せて

 

f:id:emikanzaki861:20170528212055j:plain

 

波瀾万丈な時期を乗り越えて、39才で2回目の結婚をしたから、離婚・再婚をテーマにした記事は専門分野(笑)

スポンサーリンク

 

 

詳しくは自己紹介の記事を読んでね。

www.neetwifek.com

しばらくは自分の経験を活かした記事を書いてたの。

「金銭感覚がおかしい旦那と価値観の不一致で離婚」「精神疾患のある旦那とさようなら」「マザコンの旦那が姑を味方につけて攻撃する」など。

 

でも、途中から浮気や不倫をテーマにした記事を書くことになった。

読者が不倫のドキドキ感を求めているみたい。

こっちは既婚者の恋愛をイメージするのが難しかった。

バツイチ期間中に色んな経験をしたけど、再婚したら、引きこもりのニート主婦になったからね。

 

 不倫ってどんなだろう?映画『マディソン郡の橋』みたいな感じかな?と、自分なりに考えて、ようやく1記事提出したのよ。

そうしたら、「文章の最後が淡々としているので、もう少し感情的な部分を書き足してください」とクライアントに言われちゃった。

読み返してみると、「不倫は人生を棒に振る危険性があるので、やめた方が良い」っていう教育委員会に提出する論文みたいだった。

 

不倫の経験がないので、イメージが湧かなかったのね。

既婚者の恋愛を理解するには研究が必要。

 

 不倫を題材にしたドラマでスキルアップを目指す

 

 

不倫を題材にしたドラマ『昼顔』が流行ったよね。

わたしはタイトルしか知らないけど。

クライアントに『昼顔』をDVDレンタルして不倫を研究しますと伝えた。

 

わたしの中で不倫は『マディソン郡の橋』で時間が止まってるから。

メリル・ストリープがいい女に変貌して驚いたものだよ。

例えが古くてすまん。

 

あと、中井貴一が主演した『Age35,恋しくて』や、薬師丸ひろ子が主演した『ミセスシンデレラ』を薄っすらと覚えてる。

両方とも20世紀のドラマ。

不倫を題材にしたストーリーはいつの時代も人気があるわけだね。

 

『失楽園』も大ヒット作だった。

衝撃の最終回を覚えてる?

古谷一行と川島なお美が結合したまま死後硬直してさ。

 

わたしも、涙ちょうだい的な不倫記事を書けるように努力するよ。

甘く切ない大人の恋愛ってやつ。

外見はスエット姿に眼鏡で、全然ロマンチックじゃないけど。

 

WEBライターの経験を小説で活かしたい

 

f:id:emikanzaki861:20170528221234j:plain

 

現在、WEBライターで4つのジャンルを扱ってる。

1.ペット

2.不倫

3.グルメ

4.愛人

 

2と4が女性ライター特有。

離婚中、あっち側の世界にいたくらいで、モデルになる人間はたくさん知ってるからね。

そのうち小説を書けるようになるかも。

 

あとは、文字単価3円の金融記事にトライアルを提出しているところ。

クレジットカード、消費者金融、投資がテーマ。

不倫記事は小説っぽいのに対して、金融記事は怖いくらい人間味がないよ。

 

書いていて退屈だけど、金融は高報酬案件が多く、グーグルアドセンスのクリック単価も断トツで高い。

「カードローン 即日」が5,866円!

得意分野にすれば、金融ブログを立ち上げても役立つはず。

 

アドセンスでクリック単価が高いキーワード

 

クリック単価の詳細はこの記事を読んでね。

www.neetwifek.com

 

スポンサーリンク

 

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

人気ブログランキングと日本ブログ村の応援しますよ♪

↓↓↓

 

1日1クリック応援クリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

トップに戻る