ニート主婦Kの暮らし

目標は節約とWEBライターで年間100万円貯金すること。

バレンタインデーに贈るチョコレートは女性が好きな食べ物でしかない

男性がバレンタインデーを意識してそわそわする時期

 

f:id:emikanzaki861:20180130210328j:plain

目次

スポンサーリンク

 

 

毎年、1月下旬になると、男性がバレンタインデーを意識してそわそわする。

女性の顔色を伺いながら、しきりに2月中旬の予定を伝えてくる。

数日前には旦那がスイーツの激戦区・トウキョウミタスで、PARADIS「花のババロア」を買ってきてくれたよ。

 

食べれるお花を使った乙女チックなスイーツなんだけどさ、旦那がどうして女性客にまぎれて話題沸騰中のババロアを買ったのか、理由は一目瞭然なんだ。

これだけのプレゼントをしたのだから、バレンタインデーには宜しく頼むと言いたいのでしょう。

2月14日は男性にとってプレッシャーがかかる日じゃないかな。

 

以前は職場でOLさんが「義理チョコ」を配る習慣があったが、今の時代はそんな事しなくなったらしいね。

1986年に男女雇用機会均等法が施行されてから、社会的な男女格差が少しずつ縮まってきて、女医、女弁護士、女性の上司、女性起業家、女性サッカーチームなど、女性の社会進出が目覚ましい。

ひと昔前までは、美人プロゴルファー、美人女流棋士なんて表現があったけど、ほとんど死後になりつつある。

 

旦那みたくアラフィフのオヤジになったら、チョコレートの質や量のことをで要求をしている場合ではない!

バレンタインデーにチョコレートをもらえたら万歳三唱なのである。

スポンサーリンク

 

 

オヤジはバレンタインデーでも面倒くさい

 

 

オヤジはバレンタインデーに義理チョコをもらえるだで感謝しなくてはならないのに、普段、わたしがコンビニで買っているような、チロルチョコ、不二家のミニハートチョコレート、サンダースでは満足しなくなる。

コンビニのレジ前で販売してあるチョコレートじゃなくても、デパ地下やバレンタインデーの特設コーナーで売っている、高くも安くもない国産チョコと高級ベルギーチョコレートの違いが分かってしまう。

旦那みたくバブル世代のオヤジになると、若い頃に「ゴディバ」のチョコレートを貰い慣れているから、安物なんかプレゼントしたら一発でバレる。

 

オヤジはチョコレートより酒のつまみが好き

 

f:id:emikanzaki861:20180130214611j:plain

 

去年のバレンタインデーには、引きこもりニート主婦が東急ハンズ有楽町店に出向いて、将棋の駒を形どったチョコレートを買ってきた。

将棋 デ ショコラっていう一心堂本舗のユニークなチョコレートで、NTTドコモのCMで有名な「ひふみん」こと加藤一二三九段の引退、藤井四段の連勝記録などの影響もあったのか、将棋のルールを知らない人達にもウケて、あっと言う間に完売したらしい。

 一応、将棋初段でアマチュア棋士のはしくれであるニート主婦としては、甘党の加藤一二三も感動したという幻の将棋チョコを買わなくては気が済まなくなり、自宅からチョコを求めて三千里の旅に出たのであった。

 

自宅から銀座四丁目の交差点まで徒歩約30分なのだから、せいぜい言っても東急ハンズ有楽町店あで40分程度だが、足腰が弱ったニート主婦には三千里くらいに感じた。

東急ハンズに到着したとき、あまりに嬉しくて自分と旦那用に2箱買って、バレンタインデーが来る前に渡してしまった。

旦那の喜ぶ顔が見たかったからと言うより、自分用のチョコを将棋盤に並べてみたかったから。

 

忘れもしない、2017年1月26日(木)の夜である。

旦那はにっこり微笑んで、ありがとうとお礼を言っていたけれど、将棋チョコを一気に食べた後、そそくさとスーパーへ買い物に行った。

口が甘ったるくなって、酒のつまみを食べたくなった様子。

 

あたりめと裂きイカを買って来て、暗闇でくちゃくちゃと喰らふ白いTシャツ姿の旦那が、「妖怪あかなめ」みたく不気味に浮かび上がっていた。

視界がはっきりしない代わりに、あたりめのニオイがぷーんと鼻を突いたことを覚えている。

遠慮して、蛍光灯もつけずにかわきものを食べる旦那をリビングに感じながら、将棋チョコレートをあげた自分が恥ずかしくなった。

 

チョコレートは女性の好物であって、よほどの甘党でもない限り、男性は酒のつまみを貰った方が実用的で嬉しいのだ。

デパ地下のスイーツ売り場で男性は行列を作らない。

「一緒にチョコレートパフェを食べて」と上目遣いで甘えて見せるのは、三流ホストくらいである。

 

今年からバレンタインデーに男性が好きなものを贈る

 

f:id:emikanzaki861:20180214184235j:plain

 

今年からバレンタインデーには男性が好きなものを贈ることにした。

オードブルはスモークサーモン、生ハム、温野菜のサラダ、ミックスナッツ、クリームチーズとランプフィッシュの卵をのせたクラッカー。

ランプフィッシュの卵はキャビアに似た味で700円なんだ。

 

もう少しグレードアップするとしたら、時しらず とろルイベも良さそう。

ルイベは冷凍の鮭を半解凍して食べる北海道の郷土料理でね、サクッとしたシャーベットみたいな食感が良いんだ。

子供の頃によく祖父母宅で食べさせてもらった。

 

実家はプラムも食べたことがない在日朝鮮人の継母と、左翼思想が強いヒッピーもどきの父親が貧乏マンセーな生活をしていたから、ルイベどころじゃなかったのよ。

 

ところで、「時しらず」は晩春から夏にかけて北海道で水揚げされる鮭なんだ。

秋に採れる鮭に比べると、イクラや白子に栄養を奪われていない分、脂が乗っていてトロみたいな口触りなの。

バレンタインデーにチョコレートを贈るのとオードブルではどちらが喜ばれるか、ちょっと観察してみるわ。

スポンサーリンク

   

 

ランキング参加中です。

応援よろしくお願いします(*^_^*)

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

トップに戻る