ニート主婦Kの暮らし

目標は節約とWEBライターで年間100万円貯金すること。

腹違いの弟が日本人女性と別れて在日朝鮮人の女性と電撃結婚した

腹違いの弟が在日朝鮮人の女性と電撃結婚

 

f:id:emikanzaki861:20180113200529j:plain

目次

スポンサーリンク

 

 

2018年は年明け早々、タワーマンション36階に引っ越したら年賀状が届かなくなったと嘆き、七草がゆも食べないうちに「松の内」が過ぎたよ。

アナログ文化が廃れてしまったのか、元旦に年賀状を届ける下準備をしていた人は、スマホ操作に疎いお年寄りだけ。

 

一般的に年賀状は松の内に返事を出すのが常識とされているが、わたしの地元は北海道だけに、本州の流儀をまったく無視したマイペースな人が多いんだ。

なかなか年賀状が来なくて、どうしたのかLINEで尋ねたら、「今年は1月4日に年賀状を書き始めたのさ~」なんて、信じられないほど悠長なメッセージが届いたり、「あれ?引っ越したの?」と、去年の年賀状でお知らせした内容をさっぱり読んでいないようなメッセージが届いたりした。

親兄弟や友達から届かない年賀状のことを忘れかけていたら、1月10日くらいになって、ぽつりぽつりと返事が届いた。

 

今年はじめて驚いたのは、「結婚しました」と一行だけ書いてある弟からの年賀状。

え、結婚式をやったの?両家の親に挨拶を済ませたってこと?など、頭がクエスチョンマークだらけになり、LINEで質問したところ、去年の誕生日に入籍したという返信が届いたの。

しかも、4年前に紹介してくれた美咲さん(仮名)という彼女ではなく、李佳さん(仮名)と電撃結婚したらしい。

 

李佳さんっていう、非常に在日朝鮮人らしい名前だったので、ああ、やはりそうなったかと思って涙がこぼれた。

実はうちの弟、在日朝鮮人の血が混ざってるの。

わたしが2才10ヵ月のとき、両親が離婚して父親の連れ子になり、父親はすぐに9才年下の女性と再婚したんだ。

 

つまり、わたしと弟は腹違いの姉弟。

子供の頃はあまり気にしていなかったけれど、大人になったら、100%日本人のわたしと混血児の弟では、まったく違う運命をたどることに気づいたのよ。

結論から言うと、混血児は学校、職場、結婚などで苦労しやすく、日本人のふりをして

も無理があるので、堂々とアイデンティティーを公言できる環境を選んだ方が良い。

 

今回は、日本で苦労をしている混血児、特に在日朝鮮人や中国人のハーフについてお知らせするね。

スポンサーリンク

 

 

混血児は日本で疎外感を味わいやすい

 

f:id:emikanzaki861:20180113215516j:plain

 

 歴史を振り返ってみると、日本列島が大陸とつながっていた頃、はるばる渡ってきた人達が縄文文化を育んだのよね。

日本人は土着に対するこだわりが強く、外国人を警戒する傾向があるのだけれど、もともとが移民の集まりだった。

その後、4世紀から7世紀頃に中国や朝鮮からやってきて、日本人に帰化した「渡来人」のおかげで、弥生文化が花開く。

 

縄文人と弥生人は、顔立ち、言葉、文化風習が全然違っていたけれど、少しずつ融合して古墳時代、飛鳥時代と日本が発展したじゃない?

日本人ってほとんどハーフなのよ。

ところが、土着だけじゃなく血筋に対するこだわりも強く、明治時代の日韓併合以降、朝鮮半島から渡って来た人達、外国人、混血児を「よそ者扱い」する風潮があると思う。

 

日本統治時代の朝鮮(にほんとうちじだいのちょうせん)は、1910年8月29日大日本帝国による韓国併合から、1945年9月9日朝鮮総督府の降伏まで、35年間続いた。

ウィキペディアより

 

日本で疎外感を味わった在日朝鮮人、外国人、混血児の中には、日本人の仲間入りをしたくて100%日本人と結婚したり、日本人と同じように学校へ通ったりするのだけれど、周囲に違和感を与えてしまうケースが多々ある。

 

 

日本人になりたかった在日朝鮮人の母親

 

f:id:emikanzaki861:20180113211726j:plain

 

わたしの育ての母親は、山口県宇部市厚南区にあるスラム街で育ったの。

本人が教えてくれたわけじゃないけれど、インターネットで母親の出身地を検索すると、隣保館(りんぽうかん)がすぐ近くにあることが分かったんだ。

パッチギ!LOVE&PEACE』っていう映画の舞台になった、東京都江東区枝川みたいなところだよ。

 

※隣保館=スラム街の貧困層を支援する社会福祉施設のこと

 

母親は在日朝鮮人何世なのか、先祖が強制的に連行されたのか、自分の意志で移住したのかは不明としても、筆舌に尽くせない疎外感を味わいながら、とても苦労して10代を過ごしたみたいなの。

生活が苦しかったから、毎朝、(隣保館が用意してくれる)パンをもらいに行ったと教えてくれたことがあった。

嘘つきな反面、遠い目で過去回想をしているときの母親のセリフは、妙に真実味を帯びていたものだよ。

 

肩身の狭いスラム街で育った母親は、大人になったらどうしても100%日本人と結婚するのが夢だったらしく、20歳のとき、勤務先のデパートに出張をしていた父親と知り合って、略奪愛に走ったみたい。

2号さんからの立身出世ってやつ。

でもね、正直言って両親は、まともな職場不倫(?)でゴールインしたわけじゃないと思う。

 

もっと怪しい大人の社交場で出会ったんじゃないかな。

育ての母親は噓つきなわりに、秘密を墓場まで持って行く覚悟がないらしく、「王様の耳はロバの耳!」と言わんばかりに暴露する癖があった。

小学校高学年のとき、母子手帳を見たのをきっかけに、産みの母親がよそに存在することを知ってしまったのね。

 

ショックを隠せずに、何週間もふさぎ込んでいたら、育ての母親がお風呂上りにバスタオル一枚で居直り、自分のことを「わちき、わちき」と呼んでいたの。

父親が、「おい、やめろ!」って半分ブチ切れながら注意していてさ、意味深なものを感じて国語辞典で調べてみたんだ。

辞書には、江戸の遊女が用いた語とはっきり書いてあった。

 

覗いてはいけない大人の世界

 

f:id:emikanzaki861:20180126200026j:plain

 

芥川賞を受賞した作家・宮本輝の『泥の河』っていう小説を思い出すよ。

昭和30年代、まだ戦後の遺恨が残っている大阪の川べりで、未亡人が子供2人が廓舟(くるわぶね)で暮らしながら、やむを得ず男性相手に商売をしている話なんだ。

ある日、川の対岸にあるうどん屋さんのひとり息子・板倉信雄が、同じ小学校2年生になる廓舟の息子・松本喜一や姉・銀子と仲良くなって、ひと夏の交流をするのね。

 

喜一は学校にも通っておらず、母親のやっている商売が隣近所に知れ渡っていて、「おまえのお母はん、パンパンやろ。おまえらみたいなんが近所にいてたら、気色悪うてしゃあないわ。(泥の河より)」と言われるような子だったけれど、うどん屋さんを経営している信雄の両親は、家に招待して我が子と同じように可愛がってあげていたの。

 

お父さんは功徳があるのか満州で九死に一生を得た人で、「ほんまあっちゅうまに死んでまうんやでェ、いまのいままで物言うとったやつがなあ。部隊で生き残ったんは二人だけや、日本の土踏んだとき、俺はしあわせや、何にものうても、生きてるというだけでしあわせや、心底そう思たもんや。(泥の河より)」と息子に教えている。

 

 お母さんはストレスなのか、都会の埃っぽい空気が原因なのか喘息を患っていて、やはり戦時中と戦後の苦労をしたから、人に対して優しくできるんじゃないかな。

 

廓舟は戦争で受けた傷が原因で骨髄炎にかかり、骨が腐って死んでしまった喜一と銀子のお父さんが漁業に使っていたものらしく、「おばちゃんもなあ、あんたとこみたいなお店が持ちたかったけど……、いつのまにやら、体動かして働くのんが、しんどうなってしもた(泥の河より)」と、2人のお母さんが信雄に話しかけている。

 

わたしの育ての母親は廓舟で育ったわけじゃないけれど、スラム街の子供は奇怪な生き物でも見るような目で見られることが多かったらしく、ずっと普通の家に住みたいと願っていたみたい。

ところが、父親を横取りしてスラム街を去った後も、言動のあちこちが日本人離れしているものだから、親戚や隣近所と不協和音を奏でることになってしまったの。

 

スポンサーリンク

   

 

次回へ続く

 

ランキング参加中です。

応援よろしくお願いします(*^_^*)

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

トップに戻る