ニート主婦Kの暮らし

目標は節約とWEBライターで年間100万円貯金すること。

在日朝鮮人の継母は日本人女性になりすまして父親の地元に住み着いた

在日朝鮮人の継母と奇妙な共同生活が始まる

 

f:id:emikanzaki861:20180127203318j:plain

目次

スポンサーリンク

 

 

前回の記事「腹違いの弟が日本人女性と別れて在日朝鮮人の女性と電撃結婚した」に引き続き、実家のネタについて書くね。

1947年(昭和22年)生まれの父親は、敗戦直後の日本でお腹を空かせて育った世代でね、戦後に流行した共産主義運動の影響を受けたの。

妹尾河童の小説『少年H(上) 』に登場する主人公の男の子より17才年下の計算になる。

 

『少年H』は昭和14年の神戸が舞台なんだけど、小学5年生の時に太平洋戦争が勃発して、スーツの仕立て屋をやっていたお父さんがスパイ容疑をかけられてある日突然、警察に連行されたり、近所のお兄さんに赤紙(召集令状)が届いて、出兵しなくてはいけなくなったり、散々な出来事が起きるの。

神戸大空襲を題材にしたアニメ『ホタルの墓』の清太と同じように、少年Hも日本は絶対戦争に勝つと信じて育ったが、あっけなく敗戦して、街角で「日本は戦争中に悪いことをした!人類は皆平等!」っていう戦後主義運動をぽかんと眺めているシーンが出てくるんだ。

戦争中は共産主義者や社会主義者を排除しようとする運動、いわゆる赤狩りが盛んで、特別高等警察(特高)にリンチをされるのが当然だったのに、敗戦した途端、左翼運動がOKになったわけだから、世の中の常識っていうのは社会情勢に大きく左右されるものだよ。

 

さて、父親が中学2年生のとき、生まれ故郷の北海道千歳市に北海道朝鮮初中級学校が完成したんだって。

父親は共産主義運動の影響を受けて育ったから、どうして同じ人間なのに違う学校に通うのだろうと寂しく思ったらしい。

北海道は寒いから、朝鮮学校の女学生がチマチョゴリを着て通学していたか分からないけれど、在日朝鮮人は日本で独自の民族性を守り続けるために自分たちの学校を建てたのであって、日本人と仲良くなりたかったわけじゃないと思うんだ。

 

日本に強制連行された在日朝鮮人

 

f:id:emikanzaki861:20180127212453j:plain

釜山港の画像

 

明治時代に日本政府が日韓併合して、在日朝鮮人は日本に強制連行されるか、自分の意志で移住したのね。

沢尻エリカが主演した映画『パッチギ!』にお葬式のシーンが登場するんだけど、フォークギターをやってる日本人の若者が参加したら、強制連行された在日朝鮮人のお祖父さんに八つ当たりをされていた。

 

お前もう帰れ、パンチョッパリ。

お前、淀川のしじみを喰ったことがあるか?

土手の野草を喰ったことがあるか?

 

ウリナリ(朝鮮人自身)で田植えをしとったら、紙切れを突き付けられてトラック放り込まれたんよ。

わしらはお前らと違うんやぞ。

日本人、食べ残した豚のエサ、盗み食いして見張りのヤクザにどつかれて足曲がっとるんぞ。

『パッチギ!』より

 

※パンチョッパリ=半分日本人という意味のハングル語

 

ソフトバンクの社長である孫正義は、密航で日本にやってきた在日朝鮮人という理由で、何かあるたびに「韓国へ帰れ!」とバッシングされている。

でも、自分の意志で日本に移住した朝鮮人であっても、詳しく事情を調べていると、朝鮮半島で生き地獄を味わうくらいなら、我慢して日本で暮らした方がマシっていうレベルだったみたい。

佐野眞一著『あんぽん 孫正義伝 』に、孫正義の祖父・孫鍾慶がどうして日本に渡ったのか、理由が書いてあったよ。

 

「リンゴ農家も移ってきたし、軍人も増えてきました。この近くに日本軍の飛行場ができたためです。その工事のために、この村では多くの土地が日本軍に奪われたのです。

鍾慶の家も、わずかばかりの田畑を失ってしまった。そこで仕方なく日本に出稼ぎに行ったのです。彼はそのときの年齢は、二十代の後半だったと思います。」

 

「戦争が終わり、朝鮮半島が解放されたため、孫鍾慶は一度、この村に戻ってきました。」

「しかし、ここに帰ってきても、祖国は荒廃していた。多くの人は日本へ行ったきり戻っていなかったし、耕すべき田畑もない。もちろん仕事だって見つけることができない。鍾慶一家は仕方なく、ここにわずか一年ばかり滞在しただけで、日本に戻って行ったのです。一家の食わせていくためには、それしかなかったのでしょう。」

『あんぽん 孫正義伝』より

 

『パッチギ!』に登場する在日朝鮮人の一家にしても、孫正義の先祖にしても、よほどの事情があるから日本に移住したのであって、日本人と平和友好的な関係を築きたいと願っているわけじゃないと思う。

スポンサーリンク

 

 

 

父親は日本人妻を捨てて在日朝鮮人と再婚

 

f:id:emikanzaki861:20180128011024j:plain

 

戦後共産主義運動の影響を受けた父親は、故郷の朝鮮学校に通う生徒や、生徒の両親、祖父母がどれくらい苦労したのか想像して、幼少期から罪悪感に苛まれていたみたい。

父親は戦後生まれだから、出兵させられた世代ではないけれど、明治生まれ祖父が酔っ払ったときに、戦争がどんなものなのか、ある程度聞いて育ったのかも。

戦争の憎しみ、悲しみ、原爆を投下したアメリカに対するコンプレックス、中国人や朝鮮人に対する罪悪感など、複雑な気持ちを抱えて大人になったのね。

 

そして、東京の大学に入って学生運動を経験後、28才のときに日本人女性とゴールインして、結婚3年目にわたしを授かったのだけれど、母親が産後うつにかかり、育児放棄をするようになった。

悲観的に文句ばかり言っている妻と暮らしていたら、しょっちゅう川で自殺未遂をしていた祖母が被って見えたのか、嫌悪感に耐えられなくなり、まだ若くて愚痴っぽくない在日朝鮮人の女性を選んで再婚したの。

 

父親は東京都水道局に就職して、一家で東京郊外のアパート暮らしをしていたのだけれど、母親が育児放棄をするようになり、やむを得ず北海道の実家を頼ることにしたみたいなんだ。

せっかく新卒採用してもらった水道局を数年のうちに退職してから、育児が手につかない産後うつの母親と、乳児だったわたしを連れて地元に戻り、お金持ちの同級生が経営する商社に転職した。

 

ある時、出張で山口県の宇部井筒屋っていうデパートに行ったとき、洋服の販売員をしていた在日朝鮮人の継母と意気投合したんだって。

前回の記事に書いた通り、2人はデパートで出会ったのではなく、デパートの近くにあるスナック、あるいは更にいかがわしい「大人の社交場」で歪んだ愛情を育んだはず。

 

母親を追い出して父親の実家に居座る継母

 

f:id:emikanzaki861:20180127231306j:plain

 

北海道と山口県を往復しながら、2号さんの在日朝鮮人と逢瀬を重ねるうちに、父親は育児放棄をして家事もままならない母親と離婚することに決めたの。

当然、父親の親兄弟は猛反対したのだけれど、他に好きな女性ができた、今すぐ離婚して欲しいの一点張りで言うことを聞かなかったそうだよ。

意地になった母親は、親がいなくても子は育つ!と捨て台詞を吐いて、実家のある宮城県に帰った。

 

わたしが継母の立場だったら、妻子ある日本人男性を略奪してまで、スラム街から抜け出したいとは思わない。

逆に母親の立場だったら、弁護士に依頼して慰謝料請求するか、法的手段をとって略奪を諦めてもらうけど。

 

日本人は恥の文化、朝鮮人は恨の文化

 

f:id:emikanzaki861:20180127233016j:plain

 

日本人と朝鮮人は物の考え方が違う。

日本は恥の文化、朝鮮人は恨(ハン)の精神を大切にしているんだ。

わたしは他人の家庭を壊すなんて恥ずかしいと考えるが、朝鮮人はアジアのラテン系と言われるように、情熱的で自己主張が激しく、近視覚的な恋愛を大切にするらしい。

 

相手に恋人がいようが、結婚していようが、猛烈にアプローチして恋愛成就させようと願う人が多いみたいなの。

朝鮮半島は日本に比べて、侵略の危険に晒された歴史が長いため、協調性よりも自己主張が大事と考えるんだって。

服装にしても、着物みたく淡い色よりも、濃くてはっきりした色の韓服でアピールすることを好む。

 

朝鮮人には恥の文化がないかわりに、恨(ハン)の精神を大切にする風習があって、人を恨むと長いのよ。

韓国の第18代大統領である朴槿恵(パククネ)は、従軍慰安婦問題を含む日韓併合時代の横行を怒っていて、日本と和解することは有り得ず、恨みは千年続くと訴えている。

継母にしても、日本人が朝鮮半島を略奪したから、スラム街で貧しい暮らしを余儀なくされていたのであり、朝鮮人の屈辱に比べれば、妻子ある日本人男性を略奪するくらいでは恨みが晴れないと思ったのかも知れない。

 

愛に飢えていた継母は、市役所に離婚届を取りに行って、父親にさっさと離婚するよう催促したそうだよ。

そして、母親を追い出した途端、父親の実家に居座り、わたしと3人で奇妙な共同生活を始めたの。

祖父母宅の二階を占拠しながら、兄が養って!連れ子はそっちで教育して!と、自己主張していたらしい。

 

※兄=朝鮮人は親しい年上の男性を兄(オッパ、ヒョン)と呼ぶ

スポンサーリンク

   

 

次回へ続く

 

ランキング参加中です。

応援よろしくお願いします(*^_^*)

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

 

現在、相互読者を募集中!気に入っていただけた方、ポチッとお願いします

↓↓↓

トップに戻る